コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹富島の種子取(たんどり)

デジタル大辞泉プラスの解説

竹富島の種子取(たんどり)

沖縄県の竹富島坡座間(はざま)地区、仲筋地区に伝わる農耕祭祀陰暦9~10月中の10日間にわたり行われ、中でも女衆による踊と男衆による狂言が多数披露される芸能奉納は島内外からの観光客で賑わう。沖縄では稲や粟の播種行事を種子取(「たんどり」または「たなどぅい」)と呼び、同島の種子取祭はその古式をよくとどめるものとして、1977年、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android