コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女衆 オンナシュウ

デジタル大辞泉の解説

おんな‐しゅう〔をんな‐〕【女衆】

大勢の男女が集まった中の、女の人たち。おなごしゅう。おんなしゅ。⇔男衆
下女。女中。おなごしゅう。おんなしゅ。⇔男衆

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の女衆の言及

【作男】より

…ただ地方によっては,特定の家に出入りしてその家の農作業や雑事に従事し,なにかにつけてその家から物質的給付をうけるような,主従関係的な人物を作男という所もある。なお,住込みの奉公人を示す各地の言葉は,単に働き手の男子,女子であることを示すオトコシュウ(男衆),ワカイモン(若い者),ワカゼ(若勢)とかオナゴシュウ(女衆)などが一般的である。奉公人は耕作に従事するだけではないからである。…

※「女衆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女衆の関連情報