コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古式 コシキ

3件 の用語解説(古式の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐しき【古式】

昔から伝わっているやり方。「古式にのっとる」「式典を古式ゆかしく執り行う」
[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、「古くからのやり方にのっとった様子で」を表現するとき、本来の言い方とされる「古式ゆかしく」を使う人が67.3パーセント、本来の言い方ではない「古式豊かに」を使う人が15.2パーセントという結果が出ている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

古式

ブレガーが輝緑岩のような変質した外観を持つ古い火成岩に用いた語[Broegger : 1894].新式(ceno-typal)に対して古い岩石の特徴を備えている噴出岩または半深成岩に用いられる語で,例えば輝緑岩(diabase)などを古式玄武岩として表す[渡辺編 : 1935].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こしき【古式】

昔から行われ続けている習慣や方法。昔からのしきたり。古来の方式。 「 -ゆかしい神事」 「 -にのっとって式典を行う」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古式の関連情報