竹篦下(読み)しっぺいさがり

精選版 日本国語大辞典の解説

しっぺい‐さがり【竹篦下】

〘名〙 江戸時代、男の結髪で髷(まげ)の後ろの部分を下へ曲げた型に結ったもの。また、その髪をした者。しつべいさがり。
※雑俳・川柳評万句合‐安永四(1775)鶴二「しっへいさがりよし町へ二三人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android