コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結髪 けっぱつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

結髪
けっぱつ

を結束すること,および結束した頭髪。髪を束ねて結ぶ習慣は,狩猟・農耕などに従事する男性から始り,やがて,子供が3歳になったとき結髪のために初めて髪を伸ばす髪置,成人に達したときに行われる元服など,儀式化されるにいたった。明治初頭の断髪令施行以前の日本では,男女の頭髪はなんらかの結束を伴ったため,結髪の語は髪型とほとんど同義に使われた。しかし,洋髪が普及すると,この語はおもに女性・子供の日本髪をさす語として定着し,洋髪にはヘアスタイルの語をあてるようになった。この意味での結髪には,特に江戸時代初期の遊女に始るきわめて技巧的な独自の結髪法があり,種類もはなはだ多い。通常,前髪,鬢 (びん) ,髱 (たぼ) , (まげ) の4つを構成の基本とするが,特に髷の変化が全形を特徴づける場合が多い。代表的なものには,丸髷,島田髷 (高島田,文金島田) ,結綿桃割れ銀杏返しなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けっ‐ぱつ【結髪】

[名](スル)
髪を結うこと。また、結った髪。
元服すること。

ゆい‐がみ〔ゆひ‐〕【結(い)髪】

結った髪。けっぱつ。

ゆ‐がみ【結髪】

《「ゆいがみ」の音変化》馬のたてがみを部分部分束ねて結ぶこと。また、そのたてがみ。巻き髪。
「手綱を馬の―に捨て」〈平家・九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けっぱつ【結髪】

( 名 ) スル
髪をゆうこと。また、ゆった髪。 「 -スル/ヘボン 三版
元服。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

結髪の関連キーワード釣り舟・釣り船・釣舟・釣船パーマネント・ウェーブ歴世女装考散髪脱刀令石井 ヱミ一銭剃り隠し結び楽屋銀杏しの字櫛巻き梳き髪辰松風美容院梳き毛鬢切り脱毛症ヘボン手絡髷兵庫髷一つ竈

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結髪の関連情報