コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠継子 かさの つぐこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠継子 かさの-つぐこ

?-? 平安時代前期の女官。
嵯峨(さが)天皇につかえ,寵愛をうけ弘仁(こうにん)12年(821)皇子源生(いける)を生む。嘉祥(かしょう)2年正四位下から三位にすすむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

笠継子

生年:生没年不詳
平安前期,嵯峨天皇侍女。笠縫(または継)の娘,皇子源生の母。弘仁12(821)年に生を出産。承和5(838)年,嵯峨太上天皇の神泉苑行幸に従い,生と共に授位。従四位上から正四位下に進み,嘉祥2(849)年には従三位となった。生は地方の国守を歴任したのち参議となり,貞観14(872)年52歳で病没,このころ継子が生存していたかどうかは不明。なお『本朝皇胤紹運録』は生の母を大原全子とするが,全子の子とされているなかにはほかにも別の女性の子が含まれており,信頼できない。

(西野悠紀子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

笠継子の関連キーワード生年女官

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android