嘉祥(読み)かしょう

精選版 日本国語大辞典「嘉祥」の解説

か‐しょう ‥シャウ【嘉祥】

[1] めでたいしるし。幸運の徴候。瑞相。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※太平記(14C後)一三「天馬の聖代に来る事第一の嘉祥(カシャウ)也」 〔漢書‐匡衡伝〕
[2] 平安時代、仁明天皇の代の年号。承和一五年(八四八)六月一三日瑞祥(ずいしょう)により改元。嘉祥四年(八五一)四月二八日に仁寿(にんじゅ)と改元。「続日本後紀」によると、承和一五年に豊後国大分郡擬少領膳伴公家吉が白亀を大宰府に献じたので、この瑞祥により改元したという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「嘉祥」の解説

か‐しょう〔‐シヤウ〕【×嘉祥】

めでたいしるし。瑞祥(ずいしょう)。

か‐じょう〔‐ジヤウ|‐ヂヤウ〕【×嘉祥/×嘉定】

室町時代末から始まった年中行事。陰暦6月16日に疫病を防ぐため、16個の(もち)や菓子を神前に供えてから食べた風習。江戸時代には主君家臣に菓子を賜る行事となり、民間では16文で菓子を買って笑わずに食べる風習となった。名称は、年号の嘉祥(かしょう)、または室町時代に用いられていた嘉定通宝によるものという。「嘉定通宝」の略称嘉通」が「勝つ」に通ずることが武家に喜ばれた。嘉祥食い。かぞう。

かしょう【嘉祥】[年号]

平安初期、仁明(にんみょう)天皇文徳天皇の時の年号。848年6月13日~851年4月28日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の元号がわかる事典「嘉祥」の解説

かしょう【嘉祥】

日本の元号(年号)。平安時代の848年から851年まで、仁明(にんみょう)天皇、文徳(もんとく)天皇の代の元号。前元号は承和(じょうわ)。次元号は仁寿(にんじゅ)。848年(承和15)6月13日改元。豊後国(大分県)から白亀が献じられたことを瑞祥(ずいしょう)として行われた。◇「かじょう」とも読む。

かじょう【嘉祥】

⇒嘉祥(かしょう)

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android