コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉祥 カショウ

8件 の用語解説(嘉祥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐しょう〔‐シヤウ〕【×嘉祥】

めでたいしるし。瑞祥(ずいしょう)。

かしょう【嘉祥】[年号]

平安初期、仁明(にんみょう)天皇文徳天皇の時の年号。848年6月13日~851年4月28日。

か‐じょう〔‐ジヤウ|‐ヂヤウ〕【×嘉祥/×嘉定】

室町時代末から始まった年中行事。陰暦6月16日に疫病を防ぐため、16個の餅(もち)や菓子を神前に供えてから食べた風習。江戸時代には主君が家臣に菓子を賜る行事となり、民間では16文で菓子を買って笑わずに食べる風習となった。名称は、年号の嘉祥(かしょう)、または室町時代に用いられていた宋の嘉定通宝によるものという。「嘉定通宝」の略称「嘉通」が「勝つ」に通ずることが武家に喜ばれた。嘉祥食い。かぞう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かしょう【嘉祥】

めでたいしるし。瑞祥。

かしょう【嘉祥】

年号(848.6.13~851.4.28)。承和の後、仁寿の前。仁明にんみよう・文徳もんとく天皇の代。

かじょう【嘉祥】

陰暦6月16日の行事。室町後期に始まったというが、起源・由来などは未詳。江戸時代には大名・旗本が総登城して、将軍から菓子を賜る儀式が行われた。嘉祥食い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

かしょう【嘉祥】

日本の元号(年号)。平安時代の848年から851年まで、仁明(にんみょう)天皇、文徳(もんとく)天皇の代の元号。前元号は承和(じょうわ)。次元号は仁寿(にんじゅ)。848年(承和15)6月13日改元。豊後国(大分県)から白亀が献じられたことを瑞祥(ずいしょう)として行われた。◇「かじょう」とも読む。

かじょう【嘉祥】

⇒嘉祥(かしょう)

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嘉祥の関連キーワード荊楚歳時記建武年中行事年中行事大草流玩具絵判始め連歌始め灌頂御所年中行事の障子年中行事障子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嘉祥の関連情報