コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

符頭 フトウ

大辞林 第三版の解説

ふとう【符頭】

音符の丸い玉の部分。譜線上に置かれた位置によって音の高さを示す。たま。 ⇔ 符尾

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の符頭の言及

【音符】より

…音符・休符の形態と用法は歴史的に変化したが,ここでは17世紀以降の西洋音楽で慣用されているものについてのみ述べる。
[形態と各部分の名称]
 すべての音符は丸い符頭(たま)をもち,譜表上で符頭が占める位置によって音の高さを表示する。符頭には白いもの(全音符と2分音符)と黒いもの(4分音符以下)の2種類がある。…

※「符頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

符頭の関連キーワード楽譜印刷臨時記号本位記号付点音符連音符変記号嬰記号符尾音符

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android