コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第4種郵便物 だいよんしゅゆうびんぶつ

百科事典マイペディアの解説

第4種郵便物【だいよんしゅゆうびんぶつ】

国内通常郵便物の一つ。ある限定された特定の目的で国民の福祉増進に貢献するものを低料金で送達するためのもの。通信教育用郵便物,盲人用郵便物(無料),農産物種苗,学術刊行物を含む。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の第4種郵便物の言及

【郵便】より

…郵便は信書(手紙,はがき)を制度化された組織によって送達するものであるが,郵便に関する法令の定めにより,物品,書籍を小包として送ったり,現金を送ること,新聞,雑誌等を送ったりすることも制度的に開かれている。生活の実態に合わせ,郵便物として扱う対象も拡張,整理されて今日に至っている。 人間がそれぞれの存在を意識しはじめたとき,それぞれの意思を意識的に伝えようとすることになり,集団化,社会化が進むにしたがってその伝達手段は高度化し,広がりをもってきた。…

※「第4種郵便物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

第4種郵便物の関連キーワード障害者団体用郵便料金割引制度

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android