コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第6咬頭 だいろくこうとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第6咬頭
だいろくこうとう

ヒトの下顎大臼歯の内後方と後方の咬頭の間にできる過剰咬頭のこと。 1928年に A.ヘルマンによって第6咬頭と名づけられた。ヒトの下顎大臼歯は,ほぼ四角に並んだ4個の咬頭 (咬合面の突出部) とその後方の咬頭と合せて5個の咬頭をもつものを基本型とする。第6咬頭の出現頻度は,日本人で 20~30%である。さらに内前方と内後方の咬頭との間に過剰の咬頭が現れる場合があり,第7咬頭と呼ばれる。その出現頻度は,日本人で数%である。このような過剰の咬頭は歯冠の発達がよいことを示しており,その出現率に人種差がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

第6咬頭の関連キーワード歯の退化

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android