コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹原正三 ささはら しょうぞう

1件 の用語解説(笹原正三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笹原正三 ささはら-しょうぞう

1929- 昭和後期-平成時代のレスリング選手,指導者。
昭和4年7月28日生まれ。中央大4年でフリースタイルのフェザー級日本一。決め技の「マタサキ」で無敵をほこり,昭和29年,31年の世界選手権で連勝。31年メルボルン五輪で金メダル。無敗のまま引退し,きびしい指導で日本をレスリング王国にひきあげる。平成元年日本アマチュアレスリング協会会長。2年JOC理事。日本レスリング協会会長,日本オリンピアンズ協会副会長などを歴任。山形県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の笹原正三の言及

【レスリング】より

…全日本選手権大会(フリースタイルのみ)は34年に始まり,ライト級の風間栄一をはじめ,川守田順一郎,秋田勇太郎らの選手が優勝した。 第2次世界大戦後,第15回ヘルシンキ・オリンピック大会(1952)では石井庄八(フリースタイル・バンタム級)が日本人初の金メダルを獲得したほか5名の選手全員が入賞,続く第16回メルボルン大会(1956)でも,笹原正三,池田三男がフリースタイルのフェザー級とウェルター級に優勝し,イラン,トルコに次いで総合3位の成績を残した。57年にはグレコローマンスタイルも導入され,第17回ローマ大会(1960)にはフリースタイル,グレコローマンスタイル両種目に選手団を送ったが惨敗。…

※「笹原正三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

笹原正三の関連キーワード八田一朗国際レスリング連盟スタンドレスリンググレコローマンレスリング上武洋次郎佐藤満サンダー杉山ジャンボ鶴田高田裕司富山英明

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笹原正三の関連情報