コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等伯画説 とうはくがせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等伯画説
とうはくがせつ

桃山時代の画家長谷川等伯前代の画家や画跡,鑑賞方式などについて語ったことを,京都本法寺 10世の日通上人 (1551~1608) が筆録したもの。成立は文禄1 (1592) 年前後と考えられ,画論として早い例。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android