前代(読み)ぜんだい

精選版 日本国語大辞典「前代」の解説

ぜん‐だい【前代】

〘名〙
① 現在より前の時代。前の世。前の時代。先代
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「吾聞 前代多有良医、救療蒼生病患
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一九「彌々其前代(ゼンダイ)の有様を知りたり」 〔書経‐周官〕
② 当主の前の代。さきの主人。先代。
※浄瑠璃・心中宵庚申(1722)上「只今の殿様前代とちがひ、なにかに付て軽ひお身持」
※虎明本狂言・麻生(室町末‐近世初)「げらが宿を忘れて、はやし物をしてくる、ぜんだいのくせ事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「前代」の解説

【前代】ぜんだい

前の時代。民国・章炳〔国故論衡、中、弁詩〕(われ)以爲(おも)へらく、(いにしへ)禮樂未だ興らず、則ち代に(いんしふ)す

字通「前」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android