前代(読み)ゼンダイ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐だい【前代】

前の時代。先代。「前代の遺物」
当主の前の代。先代。「前代の遺言」
前代未聞」の略。
「―珍しき事ぞと、沙汰せざる所なし」〈浮・二十不孝・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんだい【前代】

前の時代。先代。 ⇔ 後代
当主の前の代。先代。
「前代未聞」の略。 「 -の曲者/狂言記・烏帽子折」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜん‐だい【前代】

〘名〙
① 現在より前の時代。前の世。前の時代。先代
※万葉(8C後)五・沈痾自哀文「吾聞 前代多有良医、救療蒼生病患
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一九「彌々其前代(ゼンダイ)の有様を知りたり」 〔書経‐周官〕
② 当主の前の代。さきの主人。先代。
※浄瑠璃・心中宵庚申(1722)上「只今の殿様前代とちがひ、なにかに付て軽ひお身持」
※虎明本狂言・麻生(室町末‐近世初)「げらが宿を忘れて、はやし物をしてくる、ぜんだいのくせ事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

前代の関連情報