筋肉注射(読み)キンニクチュウシャ

大辞林 第三版の解説

きんにくちゅうしゃ【筋肉注射】

筋肉内に薬液を注射すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の筋肉注射の言及

【注射】より

…また,針によらず,高圧で直接皮下に薬剤を注入するジェット注射器も開発され,主として予防接種に用いられている。
[注射の種類]
 注射には,皮内注射,皮下注射,筋肉注射,静脈注射の4種がある。(1)皮内注射 皮膚の表皮と真皮の間への注射で,吸収は遅く,薬剤の量も0.1ml以下と少量しかできない。…

※「筋肉注射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筋肉注射の関連情報