コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋膜 キンマク

デジタル大辞泉の解説

きん‐まく【筋膜】

個々の筋または筋群を包む膜。結合組織からなる。筋を保護し、他の筋の起始・付着点ともなる。筋外膜。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

筋膜

 筋肉や筋群,臓器,腺などを包む膜で,弾性線(繊)維をもつことから命名されている.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんまく【筋膜】

一つの筋または筋群の表面を包む結合組織の薄い膜。筋の滑動を助け、これを保護して一定の位置にゆるく固定する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の筋膜の言及

【筋肉】より

…なお,先に述べたように,眼球の毛様体にある毛様体筋は平滑筋であるが,目の遠近の調節時にはむしろ随意的に動かすことができる。
[横紋筋の構造と形]
 一つの横紋筋は多くの筋細胞が束ねられたもので,その表面は筋膜aponeurosisという結合組織繊維から成る薄い膜によって覆われている。筋膜は個々の筋肉の表面を覆うほか,同じ作用を有するいくつかの筋肉の表層をも共通に包んでいる。…

【ホヤ(海鞘)】より

…しかし群体ボヤでは入水孔は各個虫にあっても出水孔が共通している場合もある。被囊の中は肉質の筋膜(きんまく)で広い室になっていて,そこには無数の鰓孔(さいこう)が格子状に並んだ袋状の鰓囊(さいのう)がある。入水孔から入った水は,この鰓囊の中に入り,鰓孔から囲鰓腔(いさいこう)へ流れ出る。…

※「筋膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筋膜の関連情報