算盤尽(読み)そろばんずく

精選版 日本国語大辞典 「算盤尽」の意味・読み・例文・類語

そろばん‐ずく ‥づく【算盤尽】

〘名〙 (形動) (「ずく」は接尾語) 何ごとも損得を考えて行動すること。打算的なこと。また、そのさま。勘定ずく。そろばんずくめ。
※雑俳・川柳評万句合‐安永元(1772)天一「あね様はそろばんつくでゑんにつき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android