算術演算子(読み)サンジュツエンザンシ

デジタル大辞泉「算術演算子」の解説

さんじゅつ‐えんざんし【算術演算子】

コンピュータープログラミング言語で、算術命令を記述するための記号。ふつう足し算、引き算掛け算割り算に対し、+、-、*、/の記号が用いられる。また剰余を求める演算子として%またはmod累乗の演算子として^が用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「算術演算子」の解説

算術演算子

算術演算に用いられる記号。主な算術演算子に、+(加算)、?(減算)、*(乗算)、/(除算)、^(べき乗)などがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android