算術演算子(読み)サンジュツエンザンシ

デジタル大辞泉「算術演算子」の解説

さんじゅつ‐えんざんし【算術演算子】

コンピューターのプログラミング言語で、算術命令を記述するための記号。ふつう足し算、引き算掛け算割り算に対し、+、-、*、/の記号が用いられる。また剰余を求める演算子として%またはmod累乗の演算子として^が用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「算術演算子」の解説

算術演算子

算術演算に用いられる記号。主な算術演算子に、+(加算)、?(減算)、*(乗算)、/(除算)、^(べき乗)などがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android