剰余(読み)ジョウヨ

事業再生用語集の解説

剰余

担保の価値よりも債務額が少ない場合。担保にした不動産に担保余力がある状態。(例えば不動産を売却すれば借金を全額返せるような場合等) 不動産の時価より下回る抵当権がついている場合、残りの時価の部分はまだ担保余力があるとみなされる。

出典 (株)セントラル総合研究所事業再生用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうよ【剰余】

余り。余分。残り。余剰。
割り算で、割り切れずに残った部分。余り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の剰余の言及

【資本】より

…だからこそWを価値どおりに買いW′を価値どおりに売っても,なおかつ利潤をあげることができる。
[剰余と利潤]
 それでは利潤の根拠は何か。もともと人間は生きていくのに欠くべからざるもの以上の剰余を生産することができる。…

※「剰余」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

剰余の関連情報