コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

管網 かんもう

デジタル大辞泉の解説

かん‐もう〔クワンマウ〕【管網】

張りめぐらされた配管の配置。ガス、上下水道などの管路を地図に記したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の管網の言及

【上水道】より

…需要地点に複数の方向から水が流集し,かつ水圧分布が均等化されるように,配水管は幹線と支線を系統的に組み合わせて市街地内の公道下に網の目のように配置される。これを管網pipe networkという。水使用量は人々の生活時間に従って大きく変動するので,配水管の太さは時間最大使用水量と消火水量を勘案して決定される。…

※「管網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

管網の関連キーワードもやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)注目を浴びる血管新生阻害剤ウィリス動脈輪閉塞症乳房(にゅうぼう)肺リンパ脈管筋腫症最大酸素摂取量肺血栓塞栓症地域冷暖房クロマグロプルキンエモヤモヤ病もやもや病微小循環頸動脈体リンパ管呼吸器官肝門脈系腎門脈系糸球体嚢毛細血管

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

管網の関連情報