コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

築泥 ツイヒジ

2件 の用語解説(築泥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つい‐ひじ〔‐ひぢ〕【泥】

《「つきひぢ」の音変化》「築地(ついじ)」に同じ。
「童べの踏みあけたる―のくづれより通ひけり」〈伊勢・五〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の築泥の言及

【築地】より

…築泥(ついひじ)からの転で,字のごとく本来は練り土を積み上げて造った塀。現在知られている最も本格的なものは,1尺(約30cm)ほどの石垣積みの基礎上の両側に6~10尺ごとに須柱(すばしら)と呼ばれる柱を立て,その外面に幕板という仮枠をあててその中に練り土を入れ,棒で突き固める〈版築(はんちく)〉という手法による。…

※「築泥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone