コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篠塚重広 しのづか しげひろ

1件 の用語解説(篠塚重広の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

篠塚重広 しのづか-しげひろ

?-? 南北朝時代の武将。
伊賀局(いがのつぼね)の父。新田義貞(よしさだ)にしたがって北朝軍とたたかい,建武(けんむ)3=延元元年(1336)近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺攻撃で大力を発揮したとつたえる。のち伊予(いよ)(愛媛県)守護の大館(おおだち)氏明と伊予世田山城による。康永元=興国3年細川頼春(よりはる)に攻められ,金棒をふるって沖島(現魚島)にのがれたという。伊賀守。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

篠塚重広の関連キーワード伊賀兼長伊賀局(1)伊賀局(2)伊賀光長伊賀光政斯波兼頼南部政行松浦定結城朝常由良光氏

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone