コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊賀局 いがのつぼね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊賀局
いがのつぼね

鎌倉時代の女官後鳥羽上皇愛妾。名は亀菊。上皇が局に与えた摂津長江,倉橋庄の地頭改補を幕府に要求したことが,承久の乱一因となったという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊賀局
いがのつぼね

生没年不詳。鎌倉前期の女性。後鳥羽(ごとば)上皇の寵姫(ちょうき)。名は亀菊(かめぎく)。もと白拍子(しらびょうし)という。承久(じょうきゅう)の乱(1221)は、上皇が伊賀局に与えた摂津長江(ながえ)・倉橋(くらはし)両庄(しょう)に、幕府が補任(ぶにん)した地頭が、領家伊賀局の命を用いなかったので、これを上皇が罷免しようとしたことが一因となったといわれている。承久の乱の結果、後鳥羽上皇は隠岐(おき)に流されたが、伊賀局も上皇に従い、崩御まで側近にあって奉仕したという。おそらく上皇の崩御を機会に出家し、帰本(きほん)と号した。[新田英治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の伊賀局の言及

【亀菊】より

…生没年不詳。後鳥羽上皇の寵愛を得て院中近く召しつかわれ,伊賀局とよばれた。白拍子や遊女が多く住む摂津国河尻・江口にほど近い長江荘,倉橋荘を賜っていたが,1219年(承久1),両荘の地頭職改易を上皇に愁訴し,上皇がこれを幕府に命じたが拒絶された。…

※「伊賀局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊賀局の関連キーワード後鳥羽天皇篠塚重広鎌倉時代承久

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android