コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篩板/師板 シバン

1件 の用語解説(篩板/師板の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐ばん【×篩板/師板】

篩管(しかん)の細胞の境界に相当する細胞壁。篩孔(しこう)とよぶ多数の小孔がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の篩板/師板の言及

【頭骨】より

…〈体〉の上面にはトルコ鞍(くら)というくぼみがあり,ここに脳下垂体が入っている。篩骨ethmoid bone(os ethmoidale[ラテン])鼻腔の天井にある骨で,複雑な形をしており,篩板,正中板,篩骨迷路の3部に区別される。篩板は水平の部分で多数の小さな穴によって貫かれ,〈ふるい(篩)〉のように見える。…

※「篩板/師板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

篩板/師板の関連キーワード原核細胞体細胞ヘルパーT細胞間細胞篩管クッパー細胞骨髄細胞細胞系胚細胞メルケル細胞

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone