コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篩板/師板 シバン

デジタル大辞泉の解説

し‐ばん【×篩板/師板】

篩管(しかん)の細胞の境界に相当する細胞壁。篩孔(しこう)とよぶ多数の小孔がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の篩板/師板の言及

【頭骨】より

…〈体〉の上面にはトルコ鞍(くら)というくぼみがあり,ここに脳下垂体が入っている。篩骨ethmoid bone(os ethmoidale[ラテン])鼻腔の天井にある骨で,複雑な形をしており,篩板,正中板,篩骨迷路の3部に区別される。篩板は水平の部分で多数の小さな穴によって貫かれ,〈ふるい(篩)〉のように見える。…

※「篩板/師板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

篩板/師板の関連キーワードカヤシマグモガケジグモカルス終神経経鼻薬脳神経クモ木部篩管篩骨篩部

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android