隔膜(読み)かくまく(英語表記)diaphragm

翻訳|diaphragm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薄いを通して流体が浸透を起す場合に,この膜を隔膜と呼ぶ。隔壁と呼ぶこともある。溶媒は通すが溶質は通さない性質をもった隔膜を半透膜という。動物のボウコウ膜,コロジオン膜,セロファンなども多少この性質をもっている。フェロシアン化銅の膜はこの性質が強く,したがって浸透圧の測定に用いられる。化学工業では隔膜のこの性質を応用して,たとえば食塩水を電解して水酸化ナトリウムと塩素を製造するのに用いられる。これを隔膜法という。 (→浸透圧 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の隔膜の言及

【イソギンチャク(磯巾着)】より

…口から円筒状の食道に続き,その奥は広い大きな室の胃腔になっている。この胃腔には外側から内に向かってのびている薄い膜でできている隔膜が放射状にでている。隔膜は成長に伴って数を増すが,ほぼ6の倍数で増える。…

※「隔膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android