コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隔膜 かくまくdiaphragm

翻訳|diaphragm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隔膜
かくまく
diaphragm

薄いを通して流体が浸透を起す場合に,この膜を隔膜と呼ぶ。隔壁と呼ぶこともある。溶媒は通すが溶質は通さない性質をもった隔膜を半透膜という。動物のボウコウ膜,コロジオン膜,セロファンなども多少この性質をもっている。フェロシアン化銅の膜はこの性質が強く,したがって浸透圧の測定に用いられる。化学工業では隔膜のこの性質を応用して,たとえば食塩水を電解して水酸化ナトリウムと塩素を製造するのに用いられる。これを隔膜法という。 (→浸透圧 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かく‐まく【隔膜】

動植物の細胞や組織を区切っている膜。娘細胞間に生じる細胞膜、哺乳類の横隔膜など。
電気分解透析に用いる、流体の境界を隔てる多孔質の膜。特定の分子を選択的に透過させる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくまく【隔膜】

生物体の器官や組織などを仕切っている膜状物の総称。体節間膜・横隔膜など。
電気分解で、両極の反応生成物が混合して副反応をするのを防ぐために、両極間に置く石綿などの多孔質の隔壁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の隔膜の言及

【イソギンチャク(磯巾着)】より

…口から円筒状の食道に続き,その奥は広い大きな室の胃腔になっている。この胃腔には外側から内に向かってのびている薄い膜でできている隔膜が放射状にでている。隔膜は成長に伴って数を増すが,ほぼ6の倍数で増える。…

※「隔膜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

隔膜の関連キーワードネルンストの式(平衡電位の式)花虫類(はなむしるい)ウメボシイソギンチャクベニヒモイソギンチャクムラサキハナギンチャクオオイボイソギンチャクフウセンイソギンチャクニンジンイソギンチャクオヨギイソギンチャクヨロイイソギンチャクムシモドキギンチャクサンゴイソギンチャクイソギンチャクモドキ多孔性セラミックスイソギンチャク類ホネナシサンゴサンゴ(珊瑚)スナギンチャクハナギンチャクイソギンチャク

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android