コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簡易食堂 カンイショクドウ

2件 の用語解説(簡易食堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんい‐しょくどう〔‐シヨクダウ〕【簡易食堂】

安い値段で手軽に食事をさせる食堂。大衆食堂

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんいしょくどう【簡易食堂】

安い値段で簡便に食事を供する庶民向きの食堂。大衆食堂。公衆食堂。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の簡易食堂の言及

【外食】より

…だが,サラリーマンや労働者にとっての,今日的な意味での外食が日常化するのは,大正時代に入ってからのできごとである。つまり,1907年に東京日本橋の三越が食堂を開業したのを契機に,大正も中ごろになると公営の簡易食堂が設置され,さらに関東大震災後はいわゆる大衆食堂の元祖として須田町食堂が開店したのをはじめ,各種の飲食店が急増し,日本人の手で開発されたカレーライスやとんかつなどの日本的洋食を売物に,多くの都市民を外食に誘ったのであった。 ただし,こうした食事形態を総称して外食と呼ぶようになったのは,41年4月戦時下食糧統制の一環として,米穀配給通帳制とともに外食券制が実施され,ちまたに外食券食堂の表示が見られるようになってからのことである。…

【飯屋】より

…つまり,けんどん飯の名称をより明確にした一膳飯の名が見られるようになるのである。しかし,飯屋という最も実質的な外食施設が広く普及するのは,明治以後の近代化の中で産業構造が変化し,日常的に外食を必要とする勤労者や学生が増加し,大正中期に官営の簡易食堂がつくられ,以後大衆食堂の続出を見るようになってからのことといえる。飲食店【鈴木 晋一】。…

※「簡易食堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

簡易食堂の関連キーワード四本値大衆食堂安売り安値乱売廉価廉売茶漬屋掘出し物男子食堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

簡易食堂の関連情報