米田孫六(読み)よねだ まごろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

米田孫六 よねだ-まごろく

?-? 江戸時代後期の蒔絵(まきえ)師。
加賀金沢の人。蒔絵師吉右衛門にまなぶ。写生にすぐれ,天保(てんぽう)-弘化(こうか)のころに活躍した。明治7年(1874)ごろ死去したといわれる。号は描金堂,庸道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米田孫六の関連情報