コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米穀証券 べいこくしょうけん

大辞林 第三版の解説

べいこくしょうけん【米穀証券】

1921年(大正10)政府が米麦などの買い入れ資金を調達するために発行した短期債券。42年(昭和17)食糧証券と改称。米券。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

米穀証券の関連キーワード食糧証券改称米麦

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android