コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅摺り絵 ベニズリエ

デジタル大辞泉の解説

べにずり‐え〔‐ヱ〕【紅×摺り絵】

浮世絵版画で、墨版のほか紅・緑を主としたわずかな色数の色摺り木版画。江戸中期に始まり、のち錦絵(にしきえ)に発展した。紅絵(べにえ)ともよばれたが、今日では区別している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べにずりえ【紅摺り絵】

浮世絵版画で、墨版のほか紅と緑を主とするわずかな色数の色摺り木版画。一八世紀中頃始められ、錦絵に発展する。紅摺り。紅絵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android