紡錘形(読み)ぼうすいけい(英語表記)fusiform

翻訳|fusiform

岩石学辞典「紡錘形」の解説

紡錘形

紡錘(spindle)とは原料から糸をつむぎ巻きとる時に用いる用具で,紡錘形は円柱形で両端の尖った形のこと[Hatch : 1888].ラテン語でfususは紡錘,formaは形である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

デジタル大辞泉「紡錘形」の解説

ぼうすい‐けい〔バウスイ‐〕【紡×錘形】

紡錘に似た形。円柱状でまん中が太く、両端がしだいに細くなる形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「紡錘形」の解説

つむ‐がた【紡錘形】

〘名〙 紡錘(つむ)に糸を巻いた形。円柱状で、中ほどが太く、両端が次第に細くなっている形。ぼうすいけい。

ぼうすい‐けい バウスイ‥【紡錘形】

〘名〙 紡錘のような形。すなわち、円柱の両端をとがらせたような形。〔博物図教授法(1876‐77)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android