紡錘形(読み)ボウスイケイ

  • つむがた
  • ぼうすいけい バウスイ‥
  • ぼうすいけい〔バウスイ〕
  • 紡×錘形

岩石学辞典の解説

spindle)とは原料から糸をつむぎ巻きとる時に用いる用具で,紡錘形は円柱形で両端の尖った形のこと[Hatch : 1888].ラテン語でfususは紡錘,formaは形である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

紡錘に糸を巻いたときの形。ぼうすいけい。
つむに似た中央が太く、両端が次第に細くなっている形。つむがた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 紡錘(つむ)に糸を巻いた形。円柱状で、中ほどが太く、両端が次第に細くなっている形。ぼうすいけい。
〘名〙 紡錘のような形。すなわち、円柱の両端をとがらせたような形。〔博物図教授法(1876‐77)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android