紡錘形(読み)ボウスイケイ

岩石学辞典の解説

紡錘形

spindle)とは原料から糸をつむぎ巻きとる時に用いる用具で,紡錘形は円柱形で両端の尖った形のこと[Hatch : 1888].ラテン語fususは紡錘,formaは形である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

つむがた【紡錘形】

紡錘に糸を巻いたときの形。ぼうすいけい。

ぼうすいけい【紡錘形】

つむに似た中央が太く、両端が次第に細くなっている形。つむがた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つむ‐がた【紡錘形】

〘名〙 紡錘(つむ)に糸を巻いた形。円柱状で、中ほどが太く、両端が次第に細くなっている形。ぼうすいけい。

ぼうすい‐けい バウスイ‥【紡錘形】

〘名〙 紡錘のような形。すなわち、円柱の両端をとがらせたような形。〔博物図教授法(1876‐77)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android