コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紡錘形 ボウスイケイ

デジタル大辞泉の解説

ぼうすい‐けい〔バウスイ‐〕【紡×錘形】

紡錘に似た形。円柱状でまん中が太く、両端がしだいに細くなる形。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

紡錘形

spindle)とは原料から糸をつむぎ巻きとる時に用いる用具で,紡錘形は円柱形で両端の尖った形のこと[Hatch : 1888].ラテン語fususは紡錘,formaは形である.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

つむがた【紡錘形】

紡錘に糸を巻いたときの形。ぼうすいけい。

ぼうすいけい【紡錘形】

つむに似た中央が太く、両端が次第に細くなっている形。つむがた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

紡錘形の関連キーワード赤葉枯病(トールオートグラス)茎割病(クリムソンクローバ)斑点病(バミューダグラス)黒斑病(レッドトップ)褐斑病(ブロムグラス)葉枯病(フェスク)スピンドルスカートホラガイ(法螺貝)炭疽病(ノシバ)ブランデーワインヨレモクモドキフュズレパンツスピクライトカツオ(鰹)シャクヤク押型文土器ゾウリムシ奥羽瓔珞貝風船水母ナガニシ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紡錘形の関連情報