コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経俊卿記 つねとしきょうき

世界大百科事典 第2版の解説

つねとしきょうき【経俊卿記】

正二位中納言藤原経俊(1214‐76)の日記。《吉黄記》《吉礼記》などの異称がある。1237年(嘉禎3)から76年(建治2)までの鎌倉時代中期の公家日記である。経俊は勧修寺流吉田家の出で,弁官,蔵人,後嵯峨院院司として事務官僚であったから,日記文中に多くの官奏奏文の写しがおさめられており,当時の朝廷権力を知る上での重要な史料である。宮内庁書陵部編《図書寮叢刊》所収。【小田 雄三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

経俊卿記の関連キーワード吉田経俊

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android