嘉禎(読み)カテイ

大辞林 第三版の解説

かてい【嘉禎】

年号(1235.9.19~1238.11.23)。文暦の後、暦仁の前。四条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かてい【嘉禎】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1235年から1238年まで、四条(しじょう)天皇の代の元号。前元号は文暦(ぶんりゃく)。次元号は暦仁(りゃくにん)。1235年(文暦2)9月19日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『北斉書(ほくせいじょ)』を出典とする命名。嘉禎年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(やすとき)(3代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android