嘉禎(読み)カテイ

大辞林 第三版の解説

かてい【嘉禎】

年号(1235.9.19~1238.11.23)。文暦の後、暦仁の前。四条天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かてい【嘉禎】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1235年から1238年まで、四条(しじょう)天皇の代の元号。前元号は文暦(ぶんりゃく)。次元号は暦仁(りゃくにん)。1235年(文暦2)9月19日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『北斉書(ほくせいじょ)』を出典とする命名。嘉禎年間の鎌倉幕府の将軍は藤原(九条)頼経(よりつね)(4代)、執権は北条泰時(やすとき)(3代)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かてい【嘉禎】

鎌倉前期、四条天皇の代の年号。天変地異により文暦(ぶんりゃく)二年(一二三五)九月一九日改元。嘉禎四年一一月二三日、暦仁(りゃくにん)と改元。将軍藤原頼経、執権北条泰時の時代。出典は「北斉書」の「蘊千祀明嘉禎」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嘉禎の関連情報