コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁官 べんかん

8件 の用語解説(弁官の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弁官
べんかん

令制における太政官内の要職。左右の弁官局があり,少納言局と合せて,太政官三局という。太政官内の庶務を取扱い,宣旨,官符などの発布や諸国,諸官庁と太政官との連絡などをすべて司った。左弁官は中務 (なかつかさ) ,式部,治部,民部の4省を,右弁官は兵部,刑部 (ぎょうぶ) ,大蔵,宮内の各省を分掌。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐ともい〔おほともひ〕【弁官/辨官】

べんかん(弁官)

べん‐かん〔‐クワン〕【弁官/×辨官】

律令制で、太政官(だいじょうかん)に属し、文書事務や、諸官司・諸国との連絡などをつかさどった官。左弁官右弁官に分かれ、それぞれ大弁中弁少弁が置かれ、その下に大史少史があった。おおともい。おおともいのつかさ。弁。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

弁官【べんかん】

律令制下の太政官(だいじょうかん)の事務局。左右両官があり,それぞれに大弁・中弁・少弁と,大史・少史が置かれた。左弁官は中務(なかつかさ)・式部・治部・民部の4省,右弁官は兵部・刑部・大蔵・宮内の4省の事務を統括,上申事項の申達,行政命令書の作成・発給を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

べんかん【弁官】

律令制の官職組織の一つ。和訓は〈おおともいのつかさ〉。左弁官と右弁官とがあり,ともに太政官(だいじようかん)に所属する。これを構成するおもな官職は左・右とも,弁(大弁,中弁,少弁の三等,定員各1)と(大史,少史の二等,定員各2)で,左右大弁の相当位は従四位上で,八省の卿につぐ高官である。その職掌には,太政官外に関するものと,太政官内についてのものがある。特に重要なのは前者に関する職掌で,左弁官は中務,式部,治部,民部の4省を,右弁官は兵部,刑部,大蔵,宮内の4省を管轄下に置き,これらの省が太政官に上申する庶政を受理して,太政大臣,左・右大臣,大・中納言,参議で構成される議政官組織に申達し,また議政官組織の命令を受けて行政命令書を作成し,八省のほか内外の諸官庁に対して発給する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおともいのつかさ【弁官】

べんかん【弁官】

律令制において、太政官を構成する機構の一。太政官とその管轄下の諸官司・諸国とを結んでその行政指揮運営の実際をつかさどった。左弁官・右弁官に分かれ、それぞれ大中少の弁(おおともい)があった。おおともいのつかさ。
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弁官
べんかん

律令(りつりょう)官制の中枢の一つ。「おおともいのつかさ」といい、太政(だいじょう)官に直属した事務局で、下級機関からの上申文書の受理および太政官への申達(しんたつ)や、太政官符など太政官からの命令の下達(げたつ)の文書の発給事務を統轄した行政事務の執行機関。左弁官・右弁官があり、前者は中務(なかつかさ)・式部・治部(じぶ)・民部、後者は兵部(ひょうぶ)・刑部(ぎょうぶ)・大蔵(おおくら)・宮内(くない)の各4省を管轄下に置き、長官である左右大弁は従(じゅ)四位上相当で、八省の卿(かみ)に次ぐ高官である。
 その起源は天武(てんむ)朝の大弁官にまでさかのぼるが、大宝(たいほう)令制に定着するまでには複雑な経緯があったようである。律令文書行政の中核をなす官であるため、平安時代に蔵人所(くろうどどころ)が設けられると頭(とう)(長官)のうち1人は弁官があてられ(頭弁(とうのべん))、また文書を起草する史(し/ふみひと)の上首(じょうしゅ)(官務)は実務官僚として重視され、小槻(おづき)氏(壬生(みぶ)氏)が世襲した。[佐藤宗諄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の弁官の言及

【勘解由使】より

…また解由制度の対象も国司から官人全般に拡大され,あらゆる官人交替にあたって解由状の授受が行われることとなった。勘解由使が廃止されていた約20年間,これらに関する事務は太政官の弁官で処理していたが,815年(弘仁6)に不与解由状の制度がすべての官人に適用されるにおよんで,上申される不与解由状の数は膨大なものとなった。このため弁官は実務の急増に対応しきれず,勘解由使を復活して事に当たらせることとなった。…

【官宣旨】より

…弁官下文(くだしぶみ)とも呼ばれ,太政官上卿(しようけい)の宣(口頭による命令)に基づき,太政官の一部局である弁官局が諸国や寺社にあてて発給する下文。様式的には,〈左(右)弁官下〉で始まり,文体が漢文体,書体が楷書体,日付が書下(かきくだし)年号である。…

【太政官】より

…神祇官は,官庁の名称は同じ〈官〉であるが,これも統轄下に置かれていた。その組織は,議政官組織,少納言局,左右の弁官局の三つからなる。 (1)議政官組織を構成する官職は太政大臣(定員1,ただし本来は具体的な職掌をもたない天子輔導の官),左大臣・右大臣(各定員1),大納言(定員4,のち2となる)だが,8世紀はじめに令外官(りようげのかん)の中納言(定員3)と参議(はじめ定員なし,9世紀から8となる)が加わり,平安時代にさらに内大臣が加わった。…

※「弁官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弁官の関連情報