コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経口投与

世界大百科事典内の経口投与の言及

【製剤】より


[製剤の種類]
 剤形は《第十改正日本薬局方》の製剤総則に26種記載されているが,局方外にも数種の剤形がある。 内服する,つまり経口投与される製剤は,エキス剤,エリキシル剤,カプセル剤,顆粒剤,丸剤,懸濁剤,細粒剤,散剤,酒精剤,錠剤,シロップ剤,浸剤・煎剤,チンキ剤,芳香水剤,リモナーデ剤,流エキス剤である。よく用いられる錠剤,カプセル剤を例にとると,服用後,消化管内において崩壊→分散→溶出のプロセスを経て,消化管粘膜で吸収される。…

※「経口投与」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

経口投与の関連キーワードシュタウプ‐トラウゴット効果ズルツベルガー‐チェイス現象デキストラン硫酸ナトリウムオルトフェニルフェノールエイズ新薬ddI輸入承認リン酸オセルタミビルブロムワレリル尿素ヘタシリンカリウムグリセオフルビン腟トリコモナス症スピロノラクトン低カルシウム血症女性ホルモン剤薬物アレルギーポリオワクチンエルゴメトリン葉酸欠乏性貧血サイクロセリンフェノバリン放射線防護剤

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経口投与の関連情報