生体(読み)せいたい

精選版 日本国語大辞典「生体」の解説

せい‐たい【生体】

〘名〙 生きているもの。また、生きているからだ。生物の体。「生体実験」「生体解剖」
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「唯眼の開くあるを見て之を生体と誤認(あやまりしたたむ)るの恐なきに非ず」

いき‐たい【生体】

〘名〙 相撲で、土俵際で倒れかけてはいるが、体の重心は失っていない状態。⇔死に体

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「生体」の解説

せい‐たい【生体】

生きているもの。また、生きているからだ。「生体実験」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android