経済協力白書(読み)けいざいきょうりょくはくしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正式には『経済協力の現状と問題点』と題する報告書。 1958年以来毎年9~10月頃に通商産業省 (現経済産業省) が発表するもの。日本が過去1年間に行なった経済協力の実績を各国動向と比較しながら明らかにするとともにその問題点を指摘して,その後の経済協力政策立案の資料とすることをねらいとする「総論部分」と,対象国別の日本の経済協力の実績,統計データなどの「各論」から成る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android