コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通商産業省 つうしょうさんぎょうしょう

6件 の用語解説(通商産業省の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通商産業省
つうしょうさんぎょうしょう

日本の通商および産業に関する行政を実施した国の行政機関。一般に通産省と略称される。日本経済の発展,社会体制の変化とともに,農商務省 (1881設立) ,商工省 (1925) ,軍需省 (1943) ,商工省 (1945) を経て 1949年通商産業省となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つうしょうさんぎょう‐しょう〔ツウシヤウサンゲフシヤウ〕【通商産業省】

通商の振興・調整、各種産業の生産・流通、中小企業の振興、度量衡工業所有権などに関する行政事務を担当した国の行政機関。外局に特許庁中小企業庁資源エネルギー庁が置かれた。昭和24年(1949)商工省を再編・改称して成立。平成13年(2001)経済産業省に改組された。通産省。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

通商産業省【つうしょうさんぎょうしょう】

旧省名。通産省と略称。通商の振興・調整,鉱工業生産物の生産・流通・調整,石炭・鉱物・電力などの開発利用の推進,電気ガス事業の運営・調整,中小企業の振興と指導等を主管する中央行政機関。
→関連項目農商務省

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

つうしょうさんぎょうしょう【通商産業省】

国の通商政策および産業政策(商鉱工業関係)を一体的に所管するとともに工業所有権,工業標準(JIS)等をも担当する行政機関。通産省と略称される。第2次大戦後の日本経済の高度成長を支えたその産業経済政策上の成果は,欧米先進資本主義諸国においても注目されている。 その歴史は古くは1881年4月創設の農商務省にさかのぼるが,直接には1925年設置の商工省がその前身である。発足当時の組織は大臣官房,商務局,工務局,鉱山局のほか,外局として特許局,官営八幡製鉄所が置かれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つうしょうさんぎょうしょう【通商産業省】

通商・商鉱工業・計量・資源・中小企業振興などに関する事務を担当した国の行政機関。1949年(昭和24)商工省を改称。付属機関に工業技術院、外局に資源エネルギー庁・特許庁・中小企業庁が置かれた。通産省。 MITI 。2001年(平成13)中央省庁再編にともない、経済産業省に改編。 → 経済産業省

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通商産業省
つうしょうさんぎょうしょう

国家行政組織法に基づいて、通商産業省設置法によって設置され、通商産業行政をつかさどった国の行政機関。1925年(大正14)に農商務省から独立し、商工省となり、一時軍需省となったが、49年(昭和24)に通商産業省が発足し、1952年の新設置法の下で後述の任務を遂行してきた。通称、通産省とよばれてきた。経済、政治、社会状況に応じて機構改革が行われたが、1973年(昭和48)の機構改革で、いわゆる横割・縦割部局間の連携による総合的・多角的通商産業政策の実現を目ざす体制が形成されたとされている。2001年(平成13)の中央省庁再編で、経済産業省となった。
 通商産業省は、次のような、国の行政事務および事業を一体的に遂行する責任を負う行政機関であった。すなわち、通商の振興および調整ならびに通商に伴う外国為替(かわせ)の管理、通商経済上の国際協力の推進、鉱産物および工業品の生産・流通および消費の増進・改善および調整ならびに検査、商鉱工業の合理化および適正化に関する事務、計量に関する事務、電気事業・ガス事業および熱供給事業の運営の調整、鉱物資源の開発および電力等のエネルギーの供給の確保ならびに、これらの利用の推進ならびに発電水力の調整、鉱山の保全に関する事務、工業所有権に関する事務、中小企業の振興および指導、鉱工業の科学技術に関する試験研究およびその成果の普及、工業標準の制定および普及、商鉱工業に関する調整および統計その他商鉱工業に関する事務、国営通商事業、アルコール専売事業等、であった。
 省庁再編前の、通産省の組織は次のようなものであった。 長は通商産業大臣であり、内部部局として、大臣官房のほか、通商政策局、貿易局、産業政策局、環境立地局、基礎産業局、機械情報産業局、生活産業局の7局が置かれ、大臣官房に調査統計部、通商政策局に国際経済部および経済協力部が置かれていた。審議会としては、産業構造審議会、大規模小売店舗審議会、高圧ガス及び火薬類保安審議会、化学品審議会、情報処理振興審議会、航空機工業審議会、車両競技審議会、繊維産業審議会、産業技術審議会が、施設等機関として、計量教習所のほか製品評価技術センター、通商産業研究所が置かれた。特別の機関には、鉱工業の科学技術に関する試験研究等を行う機関たる工業技術院があった。また、地方支分部局として、通商産業局と鉱山保安監督局・部、外局として、資源エネルギー庁、特許庁、中小企業庁が置かれていた。なお、これらの業務の多くは、新省庁の経済産業省に引き継がれた。[平田和一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通商産業省の関連キーワード通商協定通商航海条約通商通商権通商産業大臣USTR(United States Trade Representative)内外通商[株]日・タイ友好通商条約日通商事八木通商

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通商産業省の関連情報