結置・掬置(読み)むすびおく

精選版 日本国語大辞典の解説

むすび‐お・く【結置・掬置】

〘他カ四〙
① 結んで置く。結んでのちに残す。
※後撰(951‐953頃)雑二・一一八七「結をきしかたみのこだになかりせば何に忍の草をつままし〈兼忠母の乳母〉」
② (掬置) 手のひらで、水などをすくっておく。
※風雅(1346‐49頃)雑中・一七八七「我ならぬ人に汲すな行きずりにむすび置きつる玉の井の水〈藤原道信〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android