コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風雅 フウガ

デジタル大辞泉の解説

ふう‐が【風雅】

[名・形動]
高尚で、みやびな趣のあること。また、そのさま。「風雅な住まい」
詩文・書画・茶道などのたしなみのあること。「風雅の心得」
蕉門で、俳諧のこと。また、その美の本質。
「予が―は夏炉冬扇のごとし。衆にさかひて用ゐる所なし」〈風俗文選・柴門辞〉
詩経」の六義(りくぎ)のうちの。また、「詩経」の国風大雅小雅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふうが【風雅】

中国の《詩経》の分類にいう六義(りくぎ)(風,賦,比,興,雅,頌)のうちの〈風〉と〈雅〉。中国では,その風,雅をもって《詩経》の詩全体を代表させることが多く,しだいに詩歌文章の道,芸術全般をも〈風雅〉と呼ぶようになった。さらに転じて,風流で上品なこと,低俗でなくみやびやかなこと,またそのさまをもいうようになった。日本でも《風雅和歌集》の序文中に,広く詩文,和歌の意味に用いられ,以後芸術全般を意味する言葉として用いられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふうが【風雅】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
上品で優美な趣や味わいのあること。俗でなくみやびていること。また、そのさま。 「 -を解する」 「 -な住居」
詩歌・文章の道。また、文芸・書画など芸術一般。 「慈鎮和尚の-にも越えたり/太平記 1
蕉門で、俳諧。また、俳諧の本質。 「詩歌連俳はともに-也/三冊子」
「詩経」の六義りくぎのうち、風と雅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

風雅の関連キーワード茅門・萱門徒し契り夏炉冬扇永福門院雅びやか風流韻事文人墨客花鳥風月降り染む雲の梯雪交ぜ雅び言玉の井必ずも朝立つ雅び男ひろ柿風雅集茶気雅名

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風雅の関連情報