藤原道信(読み)ふじわらの みちのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原道信 ふじわらの-みちのぶ

972-994 平安時代中期の公家,歌人。
天禄(てんろく)3年生まれ。藤原為光の3男。母は藤原伊尹(これただ)の娘。備後(びんご),越前(えちぜん),丹後などの国守を歴任し,没時は左近衛(さこんえの)中将,従四位上。一条朝の歌人として知られ,中古三十六歌仙のひとり。「拾遺和歌集」以下の勅撰集に48首がはいる。正暦(しょうりゃく)5年7月11日死去。23歳。家集に「道信集」。
【格言など】明けぬれば暮るるものとは知りながらなほ恨めしき朝ぼらけかな(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじわらのみちのぶ【藤原道信】

972頃~994) 平安中期の歌人。中古三十六歌仙の一人。伯父兼家の養子。従四位上左中将。贈答歌や挽歌を多く残し、平明な作風を特色とする。「拾遺和歌集」以下の勅撰集に四八首入集。家集「道信集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android