コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原道信 ふじわらの みちのぶ

2件 の用語解説(藤原道信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原道信 ふじわらの-みちのぶ

972-994 平安時代中期の公家,歌人。
天禄(てんろく)3年生まれ。藤原為光の3男。母は藤原伊尹(これただ)の娘。備後(びんご),越前(えちぜん),丹後などの国守を歴任し,没時は左近衛(さこんえの)中将,従四位上。一条朝の歌人として知られ,中古三十六歌仙のひとり。「拾遺和歌集」以下の勅撰集に48首がはいる。正暦(しょうりゃく)5年7月11日死去。23歳。家集に「道信集」。
【格言など】明けぬれば暮るるものとは知りながらなほ恨めしき朝ぼらけかな(「小倉百人一首」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふじわらのみちのぶ【藤原道信】

972頃~994) 平安中期の歌人。中古三十六歌仙の一人。伯父兼家の養子。従四位上左中将。贈答歌や挽歌を多く残し、平明な作風を特色とする。「拾遺和歌集」以下の勅撰集に四八首入集。家集「道信集」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

藤原道信の関連キーワード藤原道信鶴見空襲空也丹波高地海地世尊寺流飛鳥部常則空也元杲資子内親王

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone