絶え絶え(読み)タエダエ

デジタル大辞泉の解説

たえ‐だえ【絶え絶え】

[名・形動]
今にもとぎれそうでいながら、やっと続いていること。また、そのさま。「息も絶え絶えな(の)ようす」
「蚊遣の煙の―になったのを見て」〈鴎外・蛇〉
続かずにきれぎれになること。とぎれとぎれになっていること。また、そのさま。
「啜泣きは、まだ―に聞えていた」〈芥川・秋〉
「朝ぼらけ宇治の川霧―にあらはれ渡るせぜのあじろ木」〈千載・冬〉
[副]長く続かずに時々切れるさま。とぎれとぎれ。
「大殿(おほいとの)には―まかで給ふ」〈・帚木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android