絶戸(読み)ゼッコ

大辞林 第三版の解説

ぜっこ【絶戸】

律令制で、全戸口が死に、相続者がなく絶えた家。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜっ‐こ【絶戸】

〘名〙 戸内に嗣(つ)ぐ者がなく、家系が絶えた家。死滅した戸。
※令義解(833)田「謂。依下条。聴園地。即地主存日売訖者。不更還。其戸内所貫。有一人存者。不親疎。不絶戸也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の絶戸の言及

【絶戸田】より

…律令制下で全戸口が死に絶えた戸を絶戸といい,その戸の占有していた口分田を絶戸田という。令の規定では,絶戸に五等以上の親族がない場合には,絶戸の有していた家人(けにん)・奴婢(ぬひ)や田宅資材は五保が共同で管理し,財物は死者の供養に用い,家人・奴婢は解放,田地園地は収公することになっていた。…

※「絶戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android