継続雇用定着促進助成金(読み)ケイゾクコヨウテイチャクソクシンジョセイキン

人事労務用語辞典の解説

継続雇用定着促進助成金

就業規則などによって60歳以上の定年を定めている会社が、その定年年齢の引き上げや、再雇用による継続雇用制度を導入した場合に支給されます。ただし、「65歳定年制」が施行されるまでの助成金と見られています。
(2005/8/8掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報