コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

継続雇用制度 ケイゾクコヨウセイド

デジタル大辞泉の解説

けいぞくこよう‐せいど【継続雇用制度】

事業者が雇用している高年齢者を、希望に応じて定年後も引き続いて雇用する制度。定年到達後も退職の形をとらず継続して雇用する「勤務延長制度」と、退職後再び雇用する「再雇用制度」がある。
[補説]平成16年(2004)の高年齢者雇用安定法改正により、企業は高年齢者の安定した雇用を確保するため、平成18年度(2006)から、定年の引き上げ・継続雇用制度の導入・定年制の廃止のいずれかを実施することが義務づけられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

人事労務用語辞典の解説

継続雇用制度

2006年4月、改正高年齢者雇用安定法が施行されました。同法には、雇用確保のための65歳までの「定年延長」、希望者全員の「継続雇用制度」、「定年の定めの廃止」――3つの選択肢が規程されていますが、継続雇用制度を導入する企業は対象となる高年齢者に関する基準を労使協定で定めれば、希望者全員を対象としなくてもよいとされています。
(2006/11/6掲載)

出典 『日本の人事部』人事労務用語辞典について 情報

継続雇用制度の関連キーワード高年齢者雇用安定法(高齢法)65歳までの雇用義務化継続雇用定着促進助成金高年齢者雇用確保措置改正高齢者雇用安定法定年後の再雇用二〇〇七年問題高齢者雇用再雇用無年金

継続雇用制度の関連情報