コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再雇用 さいこよう

3件 の用語解説(再雇用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

再雇用
さいこよう

定年退職者を再び雇用すること。定年年齢を越えたものを引続き同一企業で雇用する場合は,継続雇用または雇用延長という。日本では長らく 55歳定年制をとる企業が多かった。近年高齢化社会のなかで職務能力年齢が伸長したこと,人口構成の変化で労働力不足が見込まれること,退職年齢と年金受給年齢 (60歳) との接続が必要とされることなどを背景に,1986年高年齢者雇用安定法で 60歳への定年延長が企業の努力義務とされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さい‐こよう【再雇用】

[名](スル)
退職者や一時解雇した従業員を再び雇用すること。
継続雇用制度の種類の一つ。再雇用制度のこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さいこよう【再雇用】

退職者を再び雇用すること。 「定年後-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の再雇用の言及

【定年制】より

…大正末期には大企業で終末給与月額の100倍程度を基準に支払われたのに対し,1980年代はその1/3以下となった。これは,定年を迎える者が激増し退職金抑制が1960年代から一般化したこと,定年後も企業は嘱託制などで再雇用し,あるいは他に就職の場をつくるなどで,老後の生活費とする考え方が弱められたことによる。ただし再雇用制も通例,定年後1~2年の期限つきで給与は減り,管理職など責任・権限の伴う職務に就くものではない。…

※「再雇用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

再雇用の関連キーワード高年齢者雇用安定法定年勤務延長制度継続雇用制度早期退職者定年後再雇用定年帰農高年齢者雇用確保措置定年後の再雇用65歳までの雇用

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

再雇用の関連情報