コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かせhank

翻訳|hank

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


かせ
hank

綛枠で一定数巻取って輪形に結束した糸をいう。紡績工場でできあがった糸は,これを他工場に輸送したり市場に送り出したりするために,取扱いの便宜上綛の形に仕上げる。綛枠は糸の種類によって周囲の長さが異なり,1綛は綿糸の場合で約 768m,亜麻糸 3291m,梳毛 512mなどとされている。綛につくることを綛仕上げ,または綛づくりという。普通は 10綛を連続した輪形として枠から取りはずし,縄をなった形にひねって1捻 (ひねり) とする。また,綛枠に巻きつける態様により,平行方向に巻いたものを棒綛,各層が斜めに交差するように角度をつけて巻いたものを綾綛と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

綛の関連キーワード名数/ものの数え方の例(助数詞)捻り・拈り・撚り巻き返し・巻返し山本甚右衛門御坊(市)糸口・緒桛・綛糊付機揚返し藩札織物絡垜生糸糸巻

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android