コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿糸 めんしcotton yarn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綿糸
めんし
cotton yarn

綿花を主原料とする紡績糸。分類の仕方には次の各種がある。 (1) 原料によって 純綿糸 (綿が 99%以上) ,混紡綿糸,および落綿糸 (がら紡または特紡綿糸) ,(2) 糸の太さ,すなわち綿番手 (Sと略記) を基準にして 極太綿糸 (10S以下) ,太綿糸 (11~24S) ,中糸 (25~40S) ,中細糸 (41~60S) ,細糸 (61~120S) ,極細糸 (121S以上) 。1番手 (1S) は,1ポンド (0.45kg強) で長さ 840ヤード (768m) あるもののことで,1ポンドで 840ヤード× 10のものを 10番手 (10S) とする,(3) 構造から 単糸双糸,三子糸 (みこいと) ,四子糸 (よつこいと) など,(4) 用途別に 綿織糸,綿編糸 (綿メリヤス用) ,綿縫糸,綿組物糸,綿漁網糸など,(5) 加工糸として ガス糸コーマ糸 (精梳綿工程を通して紡績した糸) ,シルケット糸,漂白糸,染糸など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

めん‐し【綿糸】

綿花を原料とした糸。木綿糸(もめんいと)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

綿糸【めんし】

綿花を主原料とする紡績糸。綿花99%以上の純綿糸,毛・スフ・合繊などとの混紡糸,落綿糸などを含む。糸の太さは番手で表す。用途別には織布用が80%以上,ほかに縫糸,編糸など。
→関連項目綿織物木綿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

めんし【綿糸】

綿花を原料とする糸。もめん糸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の綿糸の言及

【オートメーション】より

… 物を作るという行為は一連の手順(工程)にしたがった,段階的な加工から成り立っている。たとえば綿糸を作るならば,綿の繊維をほぐし(打綿),繊維の方向をそろえ(梳綿),細長い篠に仕上げ(練篠),粗糸を作り(粗紡),それをひきのばしつつよりをかけて糸に仕上げる(精紡)といった順序で作られる。そのそれぞれの工程ごとに,必要な加工を行う専用作業機(打綿機,梳綿機,練篠機,粗紡機,精紡機)が成立し,それらが工程順に配置され,一段階の加工を終わった綿は次の作業機へ連続的に送られていく,といった形で産業革命期の機械制紡績工場は成立していた。…

【繊維工業】より

…日本においては明治に入ってからである。
【日本における歴史】

[綿糸,綿布]
 日本においては,1867年(慶応3)に最初の機械紡績工場である鹿児島紡績所が薩摩藩によってつくられた。明治に入り,殖産興業の名のもと繊維工業の育成政策がとられ,72年(明治5)に富岡製糸場,79年に千住製絨所など官営の工場がつくられた。…

【綿織物】より

…綿糸を経(たて)および緯(よこ)糸に使用した織物の総称。棉織物とも書く。…

※「綿糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

綿糸の関連キーワード綿フランネル綿モスリン綿ポプリン繊維製品紡績工業鬼ザラサ紡績綿糸繊維工業綿繻子真田織撚り金綿博多ゴム紐紡績紬綿縮緬津綟子毛繻子片麻布京桟織綿セル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

綿糸の関連情報