コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梳毛 ソモウ

デジタル大辞泉の解説

そ‐もう【×梳毛】

羊毛繊維をくしけずって短いものを取り除き、長い繊維を平行にそろえること。また、その長い繊維。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

梳毛【そもう】

洗毛後の比較的繊維の長い羊毛を,くしけずって平行に引きそろえ,短繊維や不純物を除去すること。また毛皮なめしのあとの仕上げに毛をすきそろえることも梳毛という。
→関連項目梳毛織物梳毛紡績紡毛紡績

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

そもう【梳毛】

羊毛などの繊維をすいて長い繊維を残し、平行に並べて引き伸ばし、撚りをかけて糸にすること。また、その糸。 → 紡毛

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の梳毛の言及

【毛糸】より

毛織物のための織糸,工業的に機械生産するための糸,手編み用の手編糸があり,ここでは通例にしたがって手編糸のことを毛糸と呼ぶ。紡績上の違いから繊維の長い梳毛(そもう)糸と,繊維の短い紡毛(ぼうもう)糸に分けられ,手編糸は一般に梳毛糸が用いられる。毛糸を太さで分類すると,極太毛糸,並太毛糸,中細毛糸,合細毛糸(以上は4本撚糸),極細毛糸,特細毛糸,超特細毛糸(以上は2本撚糸)に分けられる。…

※「梳毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

梳毛の関連キーワードイタリアンクロスシャークスキンカバートクロスウーステッドパナマクロスジャカード織クレバネットシルクウールギャバジンウール着尺オットマンフランネルサンクロストロピカルカシミア糸グロリアテレンプ呉絽服連モケット羊毛工業

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android