輪形(読み)リンケイ

大辞林 第三版の解説

りんけい【輪形】

輪の形。わがた。

わがた【輪形】

輪の形。円形。

わなり【輪形】

輪のかたち。輪状。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りん‐けい【輪形】

〘名〙 車の(わ)のような丸い形。わがた。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

わ‐がた【輪形】

〘名〙 輪の形。輪のように円い形。
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉前「その輪がたにならんだ長い短い管の」

わ‐なり【輪形】

〘名〙 車輪の形。輪状。
※文づかひ(1891)〈森鴎外〉「人々と輪なりに一間に立ちて臨御を待つほどに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

輪形の関連情報