コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網斑病(フェスク)

飼料作物病害図鑑の解説

網斑病(フェスク)

斑点性の糸状菌病。発生初期は長さ1〜2cm、幅1〜5mmの網目状病斑であるが、後期には長さ1〜3cm、幅5〜8mmの褐色条斑になる。病斑が大型化した場合には葉枯れ状態となることが多い。病斑はやや不明瞭だが、葉の裏側でより見分けやすい。病原菌はライグラス網斑病菌とは別種であり、寄生性が異なる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

網斑病(フェスク)の関連キーワード網斑病(ライグラス)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android