綾織新田遺跡(読み)あやおりしんでんいせき

国指定史跡ガイドの解説


岩手県遠野市綾織町にある縄文時代前期前半の集落跡。北上川の支流・猿ヶ石川左岸の河岸段丘上にあり、企業誘致に際して、1997年(平成9)から試掘調査および発掘調査を実施したところ、大型竪穴(たてあな)住居によって構成される拠点的集落跡の存在が確認された。2000年(平成12)に範囲確認調査を行い、2002年(平成14)に国指定史跡となった。大型住居、小型竪穴、土坑、道路、溝、広場の遺構が発見されている。大型住居は放射状に17棟が並べられ、それぞれは短軸4~6m、長軸8~14mの長方形でスロープや階段状施設が広場側に向けて設置されていた。小型竪穴は大型竪穴住居の周囲に設置され、墓坑と思われるものもあった。大木式土器をはじめ、集落で製作されたものと見られる滑石製玦(けつ)状耳飾りが50点出土した。ほか、石鏃(せきぞく)、石棒、石剣、異形石器も発見されている。JR釜石線綾織駅から徒歩約50分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android